フェイスフルホーム

スタッフブログ

窓の数と位置のお話

2018年 05月 24日 (木)

こんにちは! スタッフHです。

梅雨入りも間近になり建築に携わる業者としては悩みが増えてくる季節となってきました

新築注文住宅を建てるとなると、窓の数や位置についてさまざまな思いを巡らせながら考えることでしょう。

窓は日の差し込み具合は、家の温度、換気などさまざまなことに影響します。

新築を建てる上で以外と大切な窓の数と位置についての注意すべき窓のポイントと、失敗例と対策をご紹介します。

新築リビング窓の注意点

大きめの窓を「掃き出し窓」と呼びます。およそ高さ1800mm×幅1800mmの人が出入りできるサイズです。

この掃き出し窓の配置や大きさの選び方次第で、リビングの明るさやセキュリティ、風通しなど住み心地に大きく影響します。

しかし、明るく風通しの良いリビングにしたいがあまり、窓を増やしたり大きくしてしまうと次のような失敗例もあるので注意しましょう。

【失敗例】

・リビングに大きな窓を多くつけたら家具の配置が難しくなった。

・隣の家の窓と対面になり丸見えになってしまうので気になる。

・テレビの後ろに窓がきてしまい、昼間テレビが見えづらくなった。

・夏場に直射日光が入り朝から室内が暑くなった。

【対策】

まずはリビングに何を置くか考えましょう。リビングに置く家具に合わせて窓の数や大きさを考えるのも大切です。

また、向かいの家や道路からの視線が気になる場合は、高窓を設けるのもおすすめです。

あと、あまり知られていない季節ごとの太陽高度の事や卓越風なども考慮して

そのお家にあった理想的な窓の配置をすることが快適に住むことのできるポイントです。

◆スリット窓には要注意

建物の狭い壁面や細長いスペースにはめ込むスリット窓は、デザイン性という観点から優れているように見受けられます。

スリット窓から縦に伸びる日差しは非常にきれいです。

しかし、部屋全体を照らすことはできないため、採光の面では優れていません。

昼間でも薄暗く、電気の明りを必要としてしまいます。

【失敗例】

・リビングとダイニングの間にスリット窓を設置したものの、特にメリットを感じない。

・スリット窓で明るさを得られると思ったが、薄暗い程度だった。

【対策】

スリット窓は、明るさが室内の照明で補える玄関や廊下、階段などに利用することで、デザイン性に優れた空間を演出することができます。

また、設置場所を工夫すれば家の向きや時間によって足元などを照らす程度の採光を確保することもできますが、

照明として扱うというよりはあくまでデザインとして考えること失敗しないためのポイントといえます。

 

 

◆小窓の位置に要注意

脱衣所やトイレではどうしても外から見えないように高窓を付けることが多くあります。

この場合は湿気やカビ対策、換気を考慮してつけられますが、この高窓にも注意点があります。

【失敗例】

・洗濯機の真上に窓がきてしまって開閉しづらい。

・トイレの窓が隣の玄関の前にあたり、開けたくても心境的に開けづらい。

【対策】

家電や家具を設置した状態を想定し、窓の位置をシミュレーションするようにしましょう。

また設計前に現地を見て回り、どこにどの部屋がくるのかイメージしておくことが大切です。

◆そもそも窓の多すぎは危険?

先にも紹介しましたが、窓が多いと壁の面積が減ってしまいます。

そのため家具の配置に困ったりする場合があるので注意しましょう。

最近では大開口の窓が増えていますが、これは住宅密集地では向いていないでしょう。

プライバシーが守れなかったり、不快な西日が入ってきてしまう恐れもあります。

「窓は適切な場所に、適切な大きさの窓を設置する」という考え方が大切です。

最近では窓の種類も増え、専門知識のない一般人だけでは失敗のない家づくりは難しいでしょう。

窓は家の熱を一番多く失う場所でもあります。

専門家に相談して一緒に現地を見てまわり、日差しのシミュレーションや採風シミュレーションなどをしてもらうことで

窓で失敗しない最良の方法でありポイントといえます。

皆さん、家のプランニングをする参考にしてみて下さいね。

 

 

 

イベントチラシ完成

2018年 05月 12日 (土)

こんにちは。スタッフHです。

朝晩は少し冷え込んで肌寒いですが安定した天気が続いていますね。

明日はまた天気が悪くなるようなので今日の日に洗濯物を沢山済ましてくださいね。

さて、今日は来週末にお施主 様のご好意で開催をさせて頂く完成現場見学会の折込チラシが仕上ってきましたのでご紹介です。

構造見学会に続いての完成見学会となります。

O様ご夫婦の思いのいっ~ぱい詰まった素敵なお家を是非見に来て頂きたいです。

あとは来週末の天気を祈るのみ・・・・

『どうか、どうか、良い天気に恵まれますように・・・』

『一人でも沢山の方に参加頂き感動して頂けますように・・・』

皆様のご参加をスタッフ一同お待ちしております!!

 

明後日5月13日は『母の日』

2018年 05月 11日 (金)

こんにちは。スタッフHです。

明後日、5月13日(日)は『母の日』ですね。

皆さんは『母の日』はどうされていますか?

毎年きちんと感謝の気持ちを伝えている方、つい忘れてしまっている方、照れくさくて何もしていない方などいろいろだと思いますが

今年の『母の日』には、思い切ってお母さんと一緒に住んでいる方も、離れている方も、普段は伝えられない感謝の気持ちをお花に込めて贈ってみてはいかがですか?

ところでみなさんは『母の日』の由来についてはご存知でしょうか?

私も興味があり少し調べてみました。

20世紀初頭にアメリカに敬虔なクリスチャンを母に持つアンナ・ジャーヴィスという女性がいました。

彼女の母は熱心にボランティア活動を行っており、南北戦争の時には敵味方の関係なく、ケガ人や病人の手当てを行っていたそうです。

そんは母が1905年にこの世を去ると、母親を敬愛していたアンナはひどく悲しみ、亡くなった母を追悼するだけでなく、

今を頑張るすべての母親のために祝日を制定する運動を始めたそうです。

その運動が認められ、アメリカの議会は正式に5月の第2日曜日を『母の日』とすることが決まったようです。

日本の『母の日』もこれに倣って広まったようです。

では、『母の日』にはなぜカーネーションなのか?

前述のアンナが母親の追悼の際、母親が好きだったカーネーションで祭壇を飾ったそうです。

そのため『母の日』にはカーネーションを贈ることが一般的になったみたいです。

カーネーションってどんな植物なのか?

カーネーションはナデシコ科ナデシコ属の植物。

野生種は地中海沿岸に自生しており、日本には江戸時代に持ち込まれたと言われています。

もともとの野生種はピンクのみでしたが、近縁種との交配により現在の様々な花色のカーネーションが生まれました。

定番の赤だけでなく、オレンジや黄色、青や紫もあります。複色と言われる、花びらに2色以上の色が現れるものもあるようです。

『母の日』のイメージが強いカーネーションですが、切花の中では欠かせない定番の花材として通年花屋さんで見つけることができるようです。

その理由として、色の豊富さだけでなく、花持ちが長い、花びらが散らずに萎れるように終わるので、周りを汚さない、花粉が散らない、高価すぎないなどが挙げられます。

とても扱いやすい花で、普段花を触らない方も気軽に楽しめる花のようです。

母の日のカーネーションといえば、赤!

昔からお祝いの色として使われた赤は、特別なシーンにぴったりと言えますね。

日頃なかなか伝えられない感謝の気持ちを、鮮やかな赤いカーネーションに込めてみてはいかがでしょうか。

小さくまとめればかわいらしく、大きく作れば華やかに、シーンによって印象を変えて楽しめます。花言葉は「母の愛」だそうです。

赤以外ならピンクのカーネーションも人気ですが一言でピンクといってもカーネーションは淡いピンクから濃いピンクまで揃っているようです。

ピンクのカーネーションの花言葉は「感謝」。

変わった色のカーネーションではライムグリーンと言われるものもあるようです。

その名の通り、爽やかなグリーンは他の花にはない珍しい色です。

緑色には心や体の疲れを癒し、穏やかな気持ちにさせてくれるリラックス作用があるともいわれています。

派手さはないですが、ほっと一息つけるような日頃家族のために頑張ってくれているお母さんに渡したいカーネーションですね。

花言葉は「純粋な愛情」。元気いっぱいのお母さんへのプレゼントとしては、ひまわりなんかもおもしろいかも知れませんね

花言葉は「あなたは素敵」。

母の日には、ぜひお花を贈ってみてください。

思いが伝わってきっと喜んでくれるはずです!

是非、チャレンジしてみて下さいね

 

 

 

 

«