フェイスフルホーム

スタッフブログ

住みやすい間取りと注意点!家づくりである失敗した間取り

2018年 08月 20日 (月)

みなさん、こんにちは働くパパママ応援住宅専門店フェイスフルホーム㈱のスタッフHです。

ここ2、3日は少し暑さがマシなように思いますね

でも、台風19号、20号と続けて日本列島に近づいてくるみたいですので万全の台風対策をしておきましょうね。

お家で出来る台風対策については以前、ブログにも書きましたのでバックナンバーで見てみてください

今日は間取りについてのお話をしようと思います。

注文住宅を建てるときに、よく考えた間取りのはずなのに、いざ暮らしてみると不便な所や改善点が色々出てくるのが間取りの難しさです。

家づくりをする時に間取りの失敗例を知ってるのと、知らないとでは大きく変わってきますよね。

そこで間取りについてよくある失敗をいくつかあげてみたいと思います。

1.【欲しかった吹き抜け、でも冷暖房が効きにくい】

吹き抜けがある家は素敵ですね。

吹き抜けが有るだけで部屋がとても広く感じるし、なんといっても開放感があります。

しかし、吹き抜けは文字通り風が吹き抜けていきますので、住宅性能の悪い(低い)お家では

気密性能、断熱性能が低いので空調の効きが悪くて特に暖房は効きにくくなります。

それは、温められた空気は上に溜まるという性質があるためです。

住宅性能が悪い(低い)お家ではエアコンでかなり電気代がかかってしまうでしょう。

暖房が効かなくて寒い…という失敗は吹き抜けのせいではなく「住宅性能」の選択ミスです。

つまり、初期費用が少し高くなったとしても家全体の熱が逃げにくいお家を建てる事が

ランニングコストを抑える事が出来て夏は涼しく冬は暖かい高性能住宅を選ぶべきだった

ということになります。※建築会社によっては太陽光発電を使用するので電気代はかからないと言って床暖房を勧める会社もあるようですが

個人的には世界の国々や国が向かっている省エネの考え方からは遠ざかった考え方だと言えます。※あくまで個人的見解です。

間取りは見た目や暮らし易さだけでなくて経済的(生涯コスト)や生活環境的な点からも考えるのがベストと言えます。

2.【客間を作ったけれど、実際には物置に】

玄関を入って、左右に分かれて居間と客間があるという間取りは大変多いです。

もちろん、長年使われている間取りですから便利で効率的でもあります。

しかし、その空間がご家庭や自分の生活スタイルと合っていなかったらまさにその空間は無用の長物となってしまいます。

誰を中心に間取りを考えるかがとても重要です。

来客の頻度が多い家ならば、客間は必要であり重要な空間になるしょう。

年に一度来るか来ないかの来客のために、客間を作っておくことをどう考えるか。

客間は普段どう使う事が出来るかなど、その選択はご家族でじっくりと相談して決めましょう。

玄関を入って左右に分かれる間取りの場合どうしても居間が狭くなってしまう傾向があります。

違った視点で考えるとそれは玄関を入ってすぐに階段が見えやすい間取りとも言えます。

 

最近では階段を見せると言う考え方も多く存在しますので決して悪いという事ではありません。

広い家は建てたいけれど、購入できる土地の広さにはどうしても限界があります。

決まった広さの中で間取りは、できれば家族のためのスペースを広く取りたいものです。

家族にとって、何が重要か考えて間取りは考えてみましょう。

3.【家族が増えてトイレ渋滞が発生】

皆さんは注文住宅を建てようと考える時は、いつの頃のことでしょうか?

・子供が生まれたから、小学校に入学前には新築に住みたい。(転校はかわいそう)

・同居することになったので二世帯住宅を建てることにした。(そのほうが安心)

・子供が中学生、高校生になって借家では手狭になった。(プライベートな空間が必要)

など、家庭環境が様々変わる時期が多いですよね。

よくある失敗は建築する時期のことだけを考えた間取りにしてしまう事なんです。

トイレの渋滞などはその典型ではないでしょうか。

オムツをしている赤ちゃんもすぐに1人でトイレに行くようになります。

新たに家族が増えることもあるでしょう。

高校生だった子供も成人して結婚、同居を希望するかもしれません。

そうなった時、トイレは1つで足りますか?洗面所も手狭になっていませんか?

少し未来のことも考えた間取りが、失敗を生みにくくするのです。

4.子供との交流がしにくくなった

ハイツなどの借家では狭い分、家族が密に関わり合うことで、子供との距離が近く感じます。

戸建てを考えた時、やはり子供には個室を与えることが多いです。

そうなった場合、子供は次第に個室にこもりがちになります。

居間と階段が結合していない間取りの場合、玄関からすぐ階段を上がって部屋に入ってしまって子供の様子が分かりにくくなってしまうこともあります。

子供と自然にコミュニケーションが自然と図れるような間取りをオススメします。

個室でありながらも、子供の息づかいが感じられるような工夫であったり、

居間を通らないと各部屋に入れない間取りの採用など、色々と考えられます。

せっかく家を建てたのに、家族との交流が希薄になってしまったなんて寂しいので。

楽しく交流しやすい間取りを考えてみるのも。、すごく良いことだと思いますよ。

5.色々考えたはずなのになんか狭く感じる

あれもこれもと思いや理想を詰め込み過ぎると、実際に住んでみると狭く感じてしまいます。

原因は図面と現物の感覚の違いです。

図面はあくまでも平面なので、完成のイメージが掴みにくく、広く感じやすいのです。

ちょっとムダかなと思えるくらいの間取りの方が、開放感のある暮らしができるでしょう。

新築時には家具がないので家具を置いてしまったら、更に狭く感じるということもあります。

家具を配置した時狭そうな場所の幅などを、実際に住んでいる部屋に当てて調べてみましょう。

イメージの中の1メートルと、実際の1メートルは違うかもしれません。

家族で間取りを楽しむように、ちょっと余裕を持った間取りを考えて、試してみましょう。

最後に間取りは家族の生活スタイルや考え方によっても大きく変化するものです。

その間取り、独りよがりになっていないか間取りを考えながら、家族のあり方について

一度思いを馳せてみるときっと素敵な間取りが浮かんでくるはずです。

家づくりの際は参考にしてみてください。

では、今日はこの辺で~

ペットトラブルの予防

2018年 08月 02日 (木)

皆さんこんにちは働くパパママ応援住宅専門店フェイスフルホーム㈱のスタッフHです。

本当に連日の猛暑で外出が嫌になりますよね

お盆休みまで踏ん張って頑張りましょうね

今日は新築住宅を建てる前に知っておきたいペットトラブルの予防についてのお話をしたいと思います。

最近はペットが大好きでペットを飼いたいから、新築住宅を建てるという方も少なくありません。

ハイツ、マンションなどのようにペットに対しての制約は無いので戸建て住宅のほうが比較的他人に気を遣うことなくペットを飼うことができます。

ですが、だからといってペットに関係するトラブルも全くないわけではありません。

新築戸建てだからと何も考えずに住宅の設計をしてしまうと、意外なところがとし穴となり案外トラブルが発生してしまうものですので

注意して慎重に考えておいたほうが良いです。

ここでは、近隣の方との不要なペットによるトラブルを避けるために知っておきたいトラブル予防のポイントを紹介します。

近隣住宅との境界部分には要注意!

新築住宅に住むことで得られるメリットのひとつに【庭がある】という事があります。

そのメリットが思わぬペットトラブルを生む可能性がありますので注意しましょう。

庭があると、ペットを庭で遊ばせたり、犬などをつないで飼ったりすることが多くなると思います。

しかし、住宅街のような住宅密集地の場合、庭のすぐ横に隣の家があるというケースが多くなります。

そういった場合、ペットの鳴き声や臭いといったものが、風向きなどの影響もありますが飼い主が思っている以上に隣の家へ伝わっているものです。

庭がある場合でも、極力隣家との境界近くでは「遊ばせない、飼育しない」ようにすることがペットトラブル回避のポイントになります。

鳴き声の対策をしっかりとしておく

最近の住宅は建築する会社の性能にもよりますが高気密、高断熱の高性能住宅ですのでこれまでの住宅に比べて遮音性は優れてきていますが

ペットを室内に飼っていても、ペットの鳴き声はどうしても家の外まで漏れて出てしまうものです。

鳴き声に関するトラブルはペットトラブルの中でもよくあるもののひとつのようです。

飼い主にとっては気にならないペットの鳴き声も、鳴き続けたり、鳴く時間帯など場合によっては近隣の住民にとって

騒音になってしまう可能性があるので注意するポイントとなります。

ペットの鳴き声トラブルの予防法として最適なのが、防音性の建材を使用することです。

壁材に防音壁を利用できればベストですが、それが難しければ、防音カーテンを使う、複層ガラス(ペアorトリプル)を

設置などの措置をとるような工夫をするといいのではないかと思います。

また見落としがちなのが給排気口や換気扇です。

壁や窓に防音機能を設けても開口部から音が漏れてしまうことがあります。

近隣に接する壁側だけでも機器に障害ない範囲で開口部に防音カバーを使うなど、しっかり防音するなどの対策がポイントになります。

ペットにストレスのない住宅仕様にする

近隣トラブルを意識しすぎてペットの自由を奪ってしまうと大きなストレスがかかってしまいます。

ストレスが溜まると大声で鳴いたり脱走したり、ペットトラブルを招く要因になってしまい本末転倒です。

住宅を建てる際には、建築業者さんに相談をして室内でもペットが遊べるようなスペースを設けたり、

ペットが歩きやすいようにペット用の床材(ペットが走っても滑りにくい床材など)を使ったりペット用の建具を設置するなど、

ぺットにとってすみやすくストレスがかからないような住宅仕様にしてあげてください。

また、湿度が高くなるとカビやダニが発生しやすくなってしまいます。

調湿機能のある一種換気や調湿性能のある壁材などにしてあげることで、ストレスが少なく、健康的に過ごせるようになるでしょう。

ペットは家族の一員です。

ペットが引き起こしたトラブルは当然飼い主にその責任が問われることになります。

ペットがストレスなく健康的に過ごせる住宅環境を整え、不要なトラブルを引き起こさないように最善をつくしたいですよね。

ペット好き、将来ペットを飼いたいと思われている方は是非参考にしてみてくださいね

それでは、また~~

 

住宅の外観に関するお話

2018年 07月 30日 (月)

皆さんこんにちは!働くパパママ応援住宅専門店のフェイスフルホーム㈱のスタッフHです。

連日の猛暑で少し夏バテ気味です。

学生さんは炎天下の中でクラブ活動や自主練に励んでいるのに・・・

さて、今日は家づくりの一つの顔である外観に関係するお話しを少ししたいと思います。

その中でもお話するズのは、ズバリ内容は軒についてです。

軒と言えば、最近は軒の短い家(軒ゼロなどと言われたりもする)が多いような気がします。

弊社も家の意匠的要素としても※①(下記に説明)パッシブデザイン的要素としても重要視している部分になります。

「外観でどちらがかっこ良いか」と質問されると好みもあるので「こちらです。」とはハッキリ言えないところもあります。

やはり軒は深いほうがかっこいいと感じる方もいらっしゃいますしフラットに近いほうがシャープでかっこいいと言われる方もいらっしゃいますので!

ただ、一つ言える事としていつも弊社では外観を決まる際にお話しさせて頂く事なのですが軒が深いことにはメリットが多いと言う事です。

例えば、軒が深いことによって、雨が外壁に当たりにくくなる事も一つです。

雨が当たらなくなることで外壁が汚れにくくなるので、これはメリットですね。

外を歩いているときなどに周りの家を気にして見てみてください。

軒の短い家が汚れていることが多いのに気づけると思います。

また、皆さんもご存知とは思いますが太陽高度(太陽の高さ)は季節によって移り変わります。

当然、地域によっても違ってはきます。(※風は卓越風と言って地域、季節によって風向きが変わります

その地域の太陽高度にあった軒の深さにする事によりより快適に夏に涼しく、冬に温かく過ごす家づくりを可能にできます。

それは、地域にあった適切な軒(深い軒)が夏の熱い日差しを室内に入ってくるのを防いでくれるからです。

そして、冬には、太陽高度が下がってくるので太陽光の入る角度が低くなり今度は部屋に太陽光が入るので、

温かい日差しを室内に取り込むことが可能になり快適な空間となります。

こういった作用があるため、夏に涼しく、冬に温かいお部屋にする家づくりが可能になるんですね。

皆さんも家づくりの際は軒の浅い家も良いとは思いますがどこにどのように建てるかによっては軒のでを深くしたほうが

より快適な家づくりになる可能性は大なので是非参考にしてみては如何でしょうか!

でも、あんまり深くし過ぎると、構造上荷重に耐えれなくて、中間で柱を立てたくないって言う方でも

立てないといけなくなったりもしますのでそういう方は注意が必要ですよぉ。

どんな事でもそうですがほどほどが肝心と言う事ですかね。

それではまた~

 

※①パッシブデザインのパッシブとは、

「受動性の、受身な、消極的な」という意味です。
パッシブの反対語としては、アクティブになります。「自分から進んで働きかける。活動的。積極的。能動的。」を意味しています。
パッシブデザインとは、すなわち「受身なデザイン」という意味になります。

これは、建物の温熱環境の整え方をイメージしていると理解できます。
建物の温熱環境を整えるには、通常、ストーブやエアコンのように、温度を上げる(あるいは下げる)設備を動かします。
建物の利用者が、自ら進んで設備を動かすことは、「アクティブ」と捉えられます。
建物が日射などの太陽エネルギーを始めとした自然から発生したエネルギーを得ることは、ストーブやエアコンなどの設備を稼働することに比較して「受動的・受身」と捉えています。
すなわち、パッシブデザインとは、機械的な手法によらず、建築的に自然エネルギーをコントロールすることで、建物の温熱環境を整えようとする手法

 

«